旅行が大好き!仕事にしたい

旅行が大好き!仕事にしたい

旅行が好きで仕事にしたい場合、選択肢はいくつかありますがどのようにかかわって行きたいかによって変わってきます。

あくまで自分自身も実際に各地を旅したいという場合、添乗員・ツアーコンダクターが一番一般的かと思います。
大きな旅行会社の場合、正社員が行うことは少なく添乗員専門の派遣会社に登録をしてそこから派遣されることが多いでしょう。
小さな旅行会社の場合、社員自らが添乗することが多いです。小さな会社ですと、特定の地域・分野に特化している会社も多いので、特に好きな場所・分野がある場合、そういった企業を選ぶと自分の強みを発揮できるでしょう。

出産祝いでママから喜ばれるアイテムを
ママ達にも人気のサイズ感でプレゼントを贈る

ただし自分で旅行するのとは大きく違い、あくまで仕事でありお客様に円滑に安全で楽しい旅をしてもらうことが最大の任務ですので、「人が好き」というのが大前提です。

添乗員以外で各地を旅行したい場合、例えば通訳というのも選択肢として考えられます。日本から海外に行く企業や団体に付いて行く、あるいは海外から来た企業や団体と共に日本各地を回る、どちらもありますが、当然のことながら非常に高い語学スキルが求められますし、業界特有の単語や知識も必要となってきます。海外の方に付く場合、業務内容以外にも日本について色々なことを質問されますので、日本の文化・歴史等幅広い知識が必要です。

フランチャイズ募集には優良ブランドから選ぶ
成長が期待できる優良ブランドから検討を

またパイロットやキャビンアテンダントも世界を飛び回る仕事ですが、体力的にとてもタフですし現地での滞在時間も限ぎられています。

もっと自由に旅をしたいとなると、カメラマンとしてあるいはコラムニスト、ホテルや旅行評論家として世界各地を回るということも考えられます。

事務服でオフィスのおしゃれを
オフィスでのおしゃれには必須の事務服

またプロテニスプレーヤーやプロゴルファー、レーサー等のプロスポーツ選手も世界で戦える実力があれば、世界中を飛び回ることが可能ですし、サーファーや登山家もいい波や山を求めて各地に足を運びます。研究者も研究対象が世界中にあれば、調査のために色々な国へ行くでしょう。

自分自身は旅をしなくてもよく、「旅行」ということにフォーカスした仕事でしたら、旅行会社でツアーを企画したり、現地のホテルや飛行機の座席の仕入れを調整したり、窓口やコールセンターで旅の予約を受けたり、あるいは現地支店でお客様のお手伝いをするといったお仕事もあります。観光協会で旅のお手伝いをするという方法もあります。

上述したように、旅行が好きで仕事にしたい=旅行会社だけでなく、様々な職業で旅をしていくことは可能です。